時間をかけて





はじめての出産を経験してから、

気づけば11ヶ月がたとうとしています。


寝転んでひたすら天井を見つめていた娘が、ある日寝返り、ずり這いし、つかまり立ちしたと思ったらつたい歩きを始め…


日々、本能に従って、興味の赴くままに動いているうちに、少しずつ身のこなしを獲得していく様子を見て、私自身もこんな風に時間をかけて、ひとつひとつ出来ることが増えてきたんだなぁと、思いを巡らせる日々です。



宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」の中で、ナウシカの谷の爺さまが、病で硬くなっていく、しわしわの豆だらけの自分の手を見せながら、「姫さま(ナウシカ)はこの手を好きだと言うてくれる。働き者のいい手だと言うてくれましたわい。」と言うシーンがあって、


私は昔からこのシーンが大好きでした。

私も、そう思うからです。

「おばあちゃん」という存在に、

昔から憧れていました。


小学生の時、学校帰りに祖母の家に寄って行くと、よもぎの季節には草もちを作っていて、それがすごく美味しくて。


高校生の時、花豆を煮るのが上手な友達のおばあちゃんがいて、遊びにいくと必ず出してきてくれました。いくらでも食べられるほど、本当に美味しくて。


そしてたぶん、長い年月を重ねてきた人特有の、安心感とおおらかさに触れると、自分までゆったりとした気持ちになれて、居心地がよく、癒されるのだと思います。


私も、草餅や花豆を上手にこしらえる、どーんとゆったり構えたばあちゃんになりたいなぁと、今でも思っています。



最新のシステムがどんどん開発され、

例えば最近は、払込書のバーコードをスマホアプリで読み取れば、その場で支払いができるようになりました。わざわざ出かけなくてもいい。すごく便利です。ありがたいなぁと思います。

例えばわからない言葉があっても、辞書を引くことなんてほとんどなくなり、基本はスマホで検索している自分がいます。スマホって本当に万能です。


でも、「わざわざ出かけたから気づけたこと」もあったかもしれません。「わざわざ引いたから、ついでに隣の言葉も覚えちゃった」こともあったと思います。


何が言いたいかというと、時間をかけることでしか味わえないものもある、ということを、忘れないようにしたいのです。


時間をかけて丁寧に育てられた野菜や果物が、身体に力をくれること、


時間をかけて発酵した味噌の、深みのあるおいしさ、


時間をかけて淹れたコーヒーのおいしさ、


時間をかけて増えていく手のシワや、顔のシミ。



手に入れたり、失ったりしながら、

日々、「こうしたい、こうなりたい」という欲求に真っ直ぐに、寄り道しながら身体を動かし続けて時間を積み重ねていけたら、


いつか私も

ナウシカの谷の爺さまたちの手のような、

どーんとゆったり構えたおばあちゃんのような、

強くて深くてやさしい何かを

身につけられているでしょうか。



まずは娘をみらなって、

ひとつひとつ、時間をかけて、

目の前のことから!



(目の前では娘がよく寝ているので、書くことができました!娘よ、ありがとう!あ、洗濯物干すの忘れてた!すっかりご無沙汰のブログ更新……きゃ〜。汗)



目の前で、時間は慌ただしく過ぎていきますが、、、


理想は大きく!

おばあちゃんへの道のりは続きます。



閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示