全部つながっている




RCサクセションの「イマジン」を聴いた時、

「ガーーーーン・・・!!!」と思った。


その唄はこう始まる。



  天国はない ただ空があるだけ

  国境はない ただ地球があるだけ

  みんながそう思えば 簡単なことさ



言われてみれば当たり前のことに思えるけど、

そんな風に言われるまで、それが当たり前のことだと気がつかなかった、ということが衝撃だったし、ショッキングだった。


空や海や地上に線を引いて、「国境」をつくってるのは人間だけで、

そもそも自然界には本来、そんな境界線はない。

そんな架空の線をもとに、ルールや枠組みをつくって、

戦争したり、差別したりしている。


空も海も、ただつながっているだけ。

自然の様々なつながりの中で、様々な命が生きている、ただそれだけ。


この、「本当は全部つながっているんだよ」という視点って、

すごく大事なことだと思う。


そしてそれは身体のことを考えてみても、同じことのような気がする。


「ここは足。ここは首。」

「ここは三角筋。ここは大胸筋。」

と、身体には様々な部位があって、それぞれ名前があるわけだけど、

それは、身体のことを、外側から知識として理解するために決められているだけであって、「からだそのもの」からしたら、そんな区別は存在しない。


すべてがつながりあって、身体として機能している、

ただそれだけのことだ。



だから、

「部分が集まって、全体がある」

のではなく

「全体があって、はじめて部分を分けてみることができる」

のだと思う。


その順番を忘れないことは重要だし、

たとえ部分的な視点にフォーカスする時間があったとしても、

最後は必ず「全体」という視点に戻る。


そして、私はゆったりセラピーを学ぶ中で、

そういうことを、コトあるごとに言われていたな、と思う。


実際に自分が体験を重ねる中で、

セッションを行う核になっている視点だな、と思う。



からだは本来「ひとつの全体なんだよ」ということを

思い出すために触れる。




あぁ、肩が痛い!この肩の痛みこそ悪なのだ!退治せねば!


ではなく


あぁ、肩が痛いなぁ、この痛みは何のメッセージなんだろう、

からだはどんなことを、今望んでいるんだろう


と気づいていく過程が、


つながりを尊重することであり、

からだを大切にすることであり、

自分を大切にすることなんだと思う。


73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示